印鑑のお勉強 > 開運吉相印鑑 > 凶相印鑑

ログインすると注文時の情報入力が楽になります 新規会員登録 /  ログインする

印鑑堂ドットコム > 印鑑のお勉強 > 開運吉相印鑑 > 凶相印鑑

凶相印鑑

印鑑関連のホームページを見ていると、頻繁に『良い印鑑』、『悪い印鑑』という言葉が出てきますが『悪い印鑑』と呼ばれる印がなぜ悪い(凶相)のかを説明致します。
お持ちの印鑑が『悪い印鑑』に該当していないかをチェックしてみてください。

小さな印 物事の発展性に乏しく、消極的になりがちで持てる能力も発揮できない。また何事にも人の後塵を浴びる。調和と安定を欠き、財運にも恵まれず、次第に無気力、小心者となる。先天運を開花出来ない。
不明下品(我流)印 自分だけの独りよがりでいつも福徳を逃がし、富栄のない悪印。大成が望めないとされている要注意の印。運勢のリズムを乱します。
虫喰い(古印)の印 労多くして功少なく、不平不満の意ありて無理に伸びんとして失敗し、損害厄災多く非運の相。人間的にも次第に姑息となり豊かさを失い、ついには周囲から背を向けられます。
崩し字印
(行書、草書)
すべてに消極的となり、社会的信用も失いがち。柔弱、静止、陰気など、男子は出世が遅れ、女子は結婚に迷いが生じ、オールドミスになる傾向強し。特に生気がない印相です。
空間の多い印 印面には重大な意味があり、円の中の文字は美しく充実感がなければいけない。印面に空白が多いと、身上不安定、財にも恵まれず、愛情関係でトラブルを起こしやすい。
太枠細字の印 物事の発展性に乏しく、財運にも恵まれない。いくら努力しても、周囲の厚いカベに遮られ八方塞がりとなる悲運の印相。発運を抑圧してしまいます。自己の運気を減殺し、諸事不如意にして一生苦難多く、発展運のない相。
アンバランスな印 印面の文字と枠とのアンバランス、文字の不揃い等安定感のない印面は運命の浮沈が激しく、特に住居運に恵まれず、一生生活の安定をみない。
輪郭が欠けた印 特に注意を要する凶印で、突発事故、急病、交通事故等まことに危険きわまりない印。また浪費が多く、経済的にも破滅の凶相印。幸運の破壊を意味します。
二重枠印 運命に波乱が生じ、絶えず不和、トラブルを招く。愛情運に恵まれず、女性は後家になる印相。幸運を閉じ込め、対人関係に波乱を生じ、孤立を呼びます。
斜め彫り印 無駄や浪費が多く、ものごと中途で挫折する。内外不和にて志望挫折し、病厄、失敗、災禍多く特に家庭運に恵まれず晩年孤独の相。財運に見放され、才能も開かず不平不満の日々をおくります。トラブル絶えず、対人関係に悩み多し。
四ツ割印
(上下左右空白有)
才能ありながら世に認められぬ運勢制圧型の印。表面は良さそうに見えても、裏では不幸、不満が絶えない。内外の支障交々来りて発展困難を招き、金銭の出入り多く、生涯の平安を得る事が出来ない相。
小判型印 この印は昔から三文判といわれ、この印を使用している人は、三文の値打ちしかないとされる。財運に恵まれず、一生働けど働けどの貧相印。吉相が欠落し、哀運のもととなります。事を成せば損失多く、災難重なり一生辛苦多い相。
四角印 一時的に成功しても、強情で徳を逃がし、たとえ努力家でも運に弱く、特に職業上の挫折を招きやすい。最後に失意孤独の生涯をおくる。対人関係で苦しみ、人の協力が得られません。散財相の印。

指輪印 投機的で思惑的な事業に走りやすく、社会的、家庭的にも不運。
軽薄、奢侈、怠惰を表わし、とかく本業を忘れがちで投機、賭け事、異性問題で身を滅ぼす凶相印とされています。
模様入印 気持ちが華美に流れやすく、一時は成功したように感じられても、それは砂上の楼閣で脆く長続きせず、家庭運、健康運悪く、破滅に陥りやすい凶相印。不慮の災禍や慢性病を招きます。
つぎあわせ印 つぎ合わせてあることは物事の中絶を意味し、目的を達成できず家運、事業の繁栄を妨げる。夫・親子の離別、死別といった不幸を招きやすい。
物事すべて中途で破れる事から不成就印ともいいます。
お下り印 人から受け継いだ印の事を指します。前に使用していた人以上には成功が望めないばかりか、その欠点(業)ばかりを受けつぐ結果となり、独自性に欠けた消極人間を作り出す。親ゆずり印は家運没落を避けることができない。
シルシがある印 この印を持つ人は、たいてい落着きがなく、物事に熱中できない。外部からとかく煩雑なことが持ち込まれて、いつも貧乏忙しとなりがち。
また家庭運にも悪影響を及ぼします。
キャップ付印 キャップが印面を塞ぐので運詰りとなり、折角のチャンス幸運も逃してしまう。また、朱肉のついたままフタをする形となるのでフチが欠けやすくなり、印鑑の衛生上からもよろしくない。
短い印 積極性に乏しく、自我がなく、一生涯他人の下積みとなって苦労します。
また、病気や事故になりやすい相を持っています。
運勢に60」干支があるように、長さも 60mm が理想です。
水晶、石、金属印 天地の精気をうけて育ち、大自然の霊気のある材質が良いとされており、これに反した水晶や石類、金属類は凶相です。家庭に病人が絶えないばかりか、苦労ばかり多くなって財運に恵まれず幸福が得られません。
合成樹脂など一旦火熱を通したものは死印となります。

印鑑は『自身の分身』とも言われるほど大切なものですから、当店では当て(傷)や模様(刺青と同様=名誉に傷がつくような出来事を意味します)が入ったものは取り扱っておりません。

印鑑はあなた自身の証明ですので、貴方の運を切り開いてくれる印を持たれる事をお勧め致します。また、当店では運勢に積極的に働きかける手段として、『印相体』で彫られた印を持つ事を推奨しています。


開運吉相印について

開運吉相印は一本では効果がありません。と申しますのは、宇宙森羅万象は三数で成り立っており、ものを支え、また安定させるには最低三点が必要だからです。一点もしくは二点ではたとえ支える事ができたとしても、それは一時的なものであり、すぐにバランスを崩して崩壊してしまいます。ですから、人生を安定させる為、また各々の吉相印が真の開運に結びつくように、当店では 実印・銀行印・認印 の三点を一緒に製作される事をお勧めしております。

印鑑以外では固体、液体、気体の三相、色 ・ 光の三原色、「 衣 ・ 食 ・ 住 」等、三つの要素で成り立つ物が数多くあります。


印鑑 印鑑 (法人用) はんこ印鑑 関連商品表札シヤチハタサンビー三菱鉛筆印鑑、はんこ、ゴム印以外ゴム印・はんこ
(C) 2000-2020 Inkando.com All Rights Reserved.