印鑑選びのアドバイス > 印材情報 > 牛角(極上(白))印材

ログインすると注文時の情報入力が楽になります 新規会員登録 /  ログインする

印鑑堂ドットコム > 印鑑選びのアドバイス > 印材情報 > 牛角(極上(白))印材

牛角(極上(白))印材

牛の角は皮膚の一部で、主成分はたんぱく質。水牛の角は、現在彫刻認定を受ける事の出来る最高級動物性印材です。水牛の中でも特に硬質で粘りがあり、優れた印材として知られています。通常の牛角(並(濃色))に較べ、採れる数が少ない分高価です。

原産地 : オーストラリア
学術名 : ボスタウルス
種類  : 大角牛

牛角印材の製造工程


 

●牛角の角は、象牙に次いで高級な印材として親しまれています。

実際の産地はオーストラリアです。
一本の角から一本の印材しか作れない為、余った部分はダッフルコートのボタンや櫛、肥料として利用されています。

耐久性に優れている為、水牛の角の中でも特に篆刻に適した印材として知られています。
白飴色で美的感覚に優れ、彫刻し易く印面磨耗し難い性質です。

弊社の牛角印材は全て芯持ち印材を使用しています。
芯持ち印材とは、角の中心部(芯)を厳選して加工したものです。
長年の使用でもゆがみが無く、丈夫で一つの角から一本しか作れない希少価値の高い印材。

芯のない印材は割れやすく耐久性に欠ける為、印鑑には不向きです。
芯はできるだけ小さく、真ん中にあるものが特上品となります。

※衣類を食う虫に食われる事がありますので、必ず印鑑ケースに入れて保管して下さい。
※純白、斑入りによる材質的な違いはありません。






色や模様について

牛角は天然素材ゆえに入荷時期により風合いが異なります。
また、モニター環境により色合いが異なって見えます。

牛角(極上(白))   ★本ページ記載

牛角(極上(白)) クリームやグレーの色味をもった、茶系のラインが殆ど入らない極めて貴重な「純白」と称される印材です。
名称は「白」ですが、真っ白ではなく、混ざり気のないという意味合いです。


牛角(中(淡色))

牛角(中(淡色)) 色味の濃い模様のような部分の面積が中色よりも少なくなり、濃淡のコントラストもより弱いタイプです。


牛角(並(濃色))

牛角(並(濃色)) 色味の濃淡のコントラストがもっとも強いタイプです。


印鑑印鑑 (法人用)はんこ印鑑 関連商品表札シヤチハタサンビー三菱鉛筆印鑑、はんこ、ゴム印以外ゴム印・はんこ
(C) 2000-2017 Inkando.com All Rights Reserved.